活性酸素を抹消して健康になろう|酸化を防ぐサプリ

植物

様々な影響

老夫婦

病気にもなる

活性酸素とは活性度の高い酸素原子を含む分子のことであり、呼吸のために消費する酸素もストレスや紫外線などにより活性酸素種が生成されます。少量であれば、ウイルスなどに対する免疫力として働きますが、大量であると正常細胞も攻撃するため、糖尿病による血管がもろくなる、しみ、しわなど様々な疾患の原因になります。活性酸素は食事からでも作られストレスのない生活を続けているとSODなどにより代謝され適度な量が保たれます。しかし運動不足や寝不足、油の多い食事などが続くと活性酸素の量が増えます。活性酸素を抑えるためにアスタキサンチンなどの抗酸化剤やファイトケミカルなどを積極的にとることにより過剰な分を消去する作用があります。

いい抗酸化剤

今臨床で使われているラジカルスカベンジャー作用がある医薬品は1つしかありません。抗酸化剤の開発は臨床、非臨床で様々開発されています。ビタミンCやアントシアニンのような昔からある物も他に作用が無いか検証されアスタキサンチンなどの強力な抗酸化剤の大量生成の技術などの開発により今ではいろいろな成分のものが薬局等で安く手に入るようになってきました。活性酸素を病院で測定することもでき血液1滴でできるため気軽にストレスがかかっているのか調べることもできます。女性の社会進出によりお金にも余裕ができたため美容に費用を使う方も増えています。また男性も美容に興味ある方が増えてきているため、美容関係の活性酸素を抑える商品について開発されています。